『鳥たちの夜』 読者のコメント

「私」ということに 留まるのではなく、
もっとずっと大きな……、もっとずっと小さな……
世界を埋めつくしている、ありとあらゆるものたちに
心をふるわせること。
それは、世界を愛しいものにかえ、すべてを 尊いものにかえる。
戸惑うことなく「私」という確かな瞳と心を開け放てば
そこに広がるのは 
神の目に映る 風景なのだろうと思えた。
私が「私」として立っている意味は、
そこにこそある。
なんと美しい方程式
ここにあるのは、命(喜び)の形。

中嶋朋子(女優)

哲学者の風貌を持ち、カタローニアを愛するマルチアーティストの谷口江里也さんの詩は、
ものごとの本質を、生きものたちに託して、語りかけている。

福原義春(資生堂名誉会長)

谷口江里也さんの本を開くと、いつも数行で文中の風景の中に立つ自分がいます。
スーッと脳の緊張が解けて、「もっとお話し聞かせてっ」と、せがむ子供のような気持ちになり、
仙人のような俯瞰した視点に心地良さを感じます。
そして近視眼的になりがちな自分を反省してみたりして……

野又 穫(画家)

「超人」とは、飛ぶ意志を持った「鳥人」のことなのですね。
心に留めて生きて行きたいと思いました。

永井豪(漫画家)

面白い本というのはこういう本のことを指すのだと感心しています。
実に次々と頁をめくることになり、要するに引き込まれてしまいます。

佐藤北舟(日本画家)

哲学的な内容の散文詩で、非常に奥が深いです。刺激を受けました。
吉野大作(ミュージシャン)

力をもらいました。
シンプルな言葉の中に、人間の本質が表現されていて感動しました。

朝山孝(国際会計士)